クレンジングを使うなら「オイルクレンジング」で決まり!

スキンケアには色々ありますが、基本中の基本となるのがクレンジング、洗顔です。どんなに高価な化粧水や美容液を使っていても、肌の汚れがきちんと落とせていなければ、その効果を最大限に引き出すことはできません。
クレンジング剤にはオイル、クリーム、ジェルなど様々な種類があり、個人の肌質に応じて、自分の肌に合ったものを上手にチョイスすることが望ましいとされています。
その中でもオイルクレンジングは人気のクレンジング剤です。
その良さは、濃いメイクでもスルっと簡単に落とすことができ、しっかり毛穴の汚れを落とすことができる点にあります。
しかしながら、オイルクレンジングにはデメリットもあると言われています。
例えば、敏感肌や乾燥肌などの人には肌への刺激が強く、肌荒れを起こしてしまったり、乾燥が進んでしまったりなどということです。

 

女性5

 

また、マツエクをしている人も一般的にはオイルクレンジングはタブーとされています。
それは、マツエクに使われている接着剤が洗浄力の強いオイルによってとれてしまうためです。
そのため、マツエクをしている人はオイルフリーのクレンジング剤を選ぶことが基本です。
しかしながら、特にマツエクをしていない人や敏感肌ではない場合で、普段からしっかりメイクをする人にはオイルクレンジングは優秀なアイテムであると言えます。
使い方はとても簡単で、やり方のポイントとしては、オイルを手に取り指の腹で撫でるように優しくマッサージをする感覚で顔を洗うということです。
オイル自体に強い洗浄力があるため、むやみにこすったりして余計な摩擦を肌に与えないようにしましょう。
またブランドにより自分の肌に合うもの、合わないものもあります。

 

女性

 

高額なクレンジング剤を購入する場合には、サンプルなどをもらって自分の肌に合うか試してみてから購入するようにすることも大切です。
できるだけ肌に良いものを使いたいという場合には、天然素材のものを使うという手もあります。
ホホバオイルをはじめとした天然素材のものは根強い人気があり、クレンジングの用途だけではなく、洗顔後の保湿やスカルプケア、ヘアケア、ボディケアの用途としてもマルチに使うことができます。
またホホバオイルは無香料、無着色であるため、クレンジング剤の強い香りが苦手という人や、スキンケア商品の安全性を心配している人には適しています。
ただし、普段から濃いメイクをしない人、水で落ちるようなライトなメイクをしている人はあえてオイルを使う必要はなく、石鹸やクリームといったアイテムを使い、より肌に優しい成分にこだわることも、肌にとっては良いことです。
日によってしっかりメイクをしたり、薄いメイクにしたり、全くメイクをしなかったりという場合には、いくつかのクレンジング剤を購入して、その日のメイクの状態、メイクの有無に応じて、クレンジング剤を使い分けるというやり方も肌のためには良いでしょう。
しかしながら、しっかりメイクを落としたいここぞという時にはオイルクレンジングがオススメです。