オイルクレンジングの選び方

毎日メイクをする女性にとってスキンケアはとても大事なものと言えますが、クレンジングに使用するものとしては肌にあまり負担をかけないオイルクレンジングが良いとされています。
オイルクレンジングは洗浄力が強くカバー力の強いファンデーションやウォータープルーフタイプのマスカラなども簡単に落とすことができるとされています。
ただ、洗浄力が強いということは毛穴に詰まった汚れまでしっかり落としてくれる反面、肌負担が大きいので濃いめの落ちにくいメイクなどをしたときに使用するのが良いとされています。
洗浄力が強すぎてしまうとマツエクが落ちてしまうことも考えられますので、オイルクレンジングだから何でも良いよ言うわけではなく、マツエク中でも問題なく使用できる種類を選ぶのが良いとされています。
しかし、オイルクレンジングには様々な種類があり、初めて使用する人にとってはどれを使用していいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

女性2

 

自分に肌に合わないものを使っているとしっかりと汚れが落ちないことでニキビや吹き出物などができやすくなったり肌荒れを起こすことも考えられますので、自分の肌質に合った良いものを選ぶのが良いと言えます。
では、良いオイルクレンジングを選ぶのはどういったことに注意して選べばよいのでしょうか。
また、どんなやり方で使用するのが良いのかしっかりと考えてみましょう。
まず良いものをラブ基準としてはあまり無理をせずに購入できるものを選ぶのが良いと言えます。
中には美容成分が配合されてるおかげで非常に高価なものもありますが、あくまでクレンジングですのでしっかりと洗浄することができるシンプルなものを選ぶのが良いでしょう。
そして、肌質は一人一人個性があり違いますので、自分の肌質がどんな肌質であるのかを把握して自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。
今度は正しいオイルクレンジングのやり方について考えてみましょう。
まず、乾いた手に適量を取ってTゾーンから外側へ力を入れずになじませて、細かい部分には指の腹でなじませ、35〜36度のぬるめのお湯で乳化させて洗い流していきます。
特に、お湯となじませてミルクのように乳化させることでメイク落ちが変わりますのでしっかりと乳化させましょう。
クレンジング後のスキンケアとしては、クレンジングがあくまでメイクの汚れを落とすものですので、毛穴に詰まった汚れや角栓はほこりなどの汚れが洗顔して落とすようにしましょう。
洗顔が終わったら、化粧水、美容液、乳液やクリームの順に塗っていきますが、洗顔後はなるべく早めに肌を保湿するように心がけましょう。
このように、しっかりとオイルでクレンジングすれば落ちにくかったウォータープルーフのマスカラも頑固なアイラインも綺麗に落とすことができるとされています。
自分の肌質に合わせて無理をしない程度の価格のものを購入し毎日のメイクをしっかりと落としていくことをおすすめします。